千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > 教育について > 入局案内 > 後期研修医募集
後期研修医募集

大学病院での研修は専門性の高い診療に、直接携わります。学会参加、論文作成などの指導も受けることができます。 また、後期研修2年目以降は 関連病院と連携し、一般小児科や新生児科診療も十分に経験できます。千葉県内に人脈が拡がります。

他施設で後期研修中の先生方も、大学病院での研修が可能です。

平成29年度後期研修医募集

平成29年度千葉大学医学部附属病院シニアレジデント(後期研修)募集要項については以下のHPをご覧ください。
http://www.chibauniv-resident.jp/specialty/index.html

研修プログラム

平成29年度小児科専門研修医募集

平成29年4月より専門研修開始予定のシニアレジデントの二次募集を11月14日(月)より開始します。応募締め切りは12月28日となっていますが、若干名の募集ですので早めの応募をお勧めします。

後期研修プログラム(簡易版)後期研修プログラム(詳細版)

研修モデル

後期研修~

1年目:
大学病院(各専門グループの病棟班をローテート)

2年目:
県内関連病院小児科で一般小児科研修

3年目:
県内関連病院新生児科研修、10月頃に専門グループ決定

後期研修修了後~

卒後4年目:
大学病院専門外来、病棟医 小児科専門医取得

卒後5年目:
大学院医学研究院1年目(大学院)、大学病院専門外来、病棟医

(県内関連病院小児科での一般小児科勤務、または専門研修も行えます)

後期研修修了後は、専門診療の技術を磨くこと、大学院での基礎研究また海外留学など、キャリアの選択肢は、幅広くあります。サブスペシャリティの専門医・資格の取得を目指せます。

医局員の出身大学は偏りがないことが特徴です(過去3年の入局者の約55%が他大学出身者)。男女比もほぼ半々です。 興味がある方は、どなたでも、いつでもご連絡ください。