千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > 診療について > 専門診療 > 新生児
新生児

診療

平成28年4月、新たにNICU9床、GCU18床を有する新生児病棟が拡充・開設され始動しました。これまでも小児外科・小児循環器グループ・他の部署との連携が必要な胎児診断を受け、生後すぐに治療が必要な赤ちゃんたちの診療を行ってきましたが、今後は周産母性科と連携のもと、さらに早産児・低出生体重児なども可能な限り受け入れていきます。新生児外来では、発達フォローや在宅医療など退院後の児の成長を見守る診療を行っています。

診療している疾患と関連情報

  • 在胎36週未満の早産児
  • 出生体重2300g未満の低出生体重児
  • 巨大児
  • 新生児仮死児
  • 呼吸障害のある児
  • 治療が必要な新生児黄疸の児
  • 緊急に外科処置が必要な児
  • 先天性疾患のある児
  • 合併疾患のある母体から出生した児
    重症筋無力症、バセドウ氏病、糖尿病、抗てんかん薬や向精神薬内服など

など

メンバー

名 前 役 職 専門医・指導医・学位
大曽根 義輝 特任准教授、
周産母子センター長
小児科専門医、
日本周産期・新生児医学会新生児専門医・
暫定指導医、
新生児蘇生法Iインストラクター、
医学博士
遠藤 真美子 助教、
NICU病棟医長
小児科専門医、
新生児蘇生法Iインストラクター、
医学博士
岩倉 英雄 助教 小児科専門医、
新生児蘇生法Iインストラクター
佐藤 裕範 医員