千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > 診療について > 専門診療 > 循環器
循環器

診療

胎児期・新生児期・乳児期・小児期に発症する心臓病の診断、治療を専門的に行います。

  • 心臓に雑音がある、顔色が悪い(チアノーゼ)、脈が乱れる(不整脈)、息切れがする、失神するなどの症状がある場合、あるいは川崎病にかかった場合にはご相談ください。
  • 当院周産期科と協力し、先天性心疾患の胎児診断を行い、出生後の治療がスムーズに行われるようサポートしています。
  • 手術が必要な心臓病の治療は当院心臓血管外科、あるいは千葉県こども病院などの関連施設と協力しながら行っています。

適切な診断・治療により、病気のお子さんとそのご家族をサポートさせていただきたいと考えています。

診療している疾患と関連情報

  • 先天性心疾患
  • 川崎病
  • 不整脈
  • 肺高血圧症
  • 心筋症
  • 心筋炎

メンバー

名 前 役 職 専門医・指導医・学位
江畑 亮太 助教 小児科専門医、小児循環器専門医、
医学博士、NCPRプロバイダ
齋藤 直樹 法医学特任助教 小児科専門医、AHA PALSプロバイダー
小林 弘信 医員 小児科専門医
長岡 孝太 医員 小児科専門医
奥主 健太郎 大学院生
(薬理学教室)
小児科専門医