千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > 診療について > 専門診療 > 内分泌
内分泌

診療

私たち内分泌グループは1950年代から、延べ5,000人を超える数多くの患者さんを診断・治療させていただく機会に恵まれ、親子に渡り診察させていただいている例も多くあります。現在、社会的に話題となっている成育医療を古くから実践しています。
ホルモンは人体における恒常性の維持、および特に小児では成長・身体発達に重要な働きを担っています。その働きが障害されることにより様々な病態を引き起こします。
私どもは、甲状腺・副甲状腺・脳下垂体・副腎・性腺などの内分泌疾患、糖尿病、および成長障害をきたす骨系統疾患などの分野において臨床的・基礎的研究を継続しています。
これからもより的確な診療および臨床に即した研究に努めてまいります。また地域関連病院や他科(内科、小児外科、脳外科など)との診療連携も今後一層の充実を図ります。

診療している疾患と関連情報

  • 成長ホルモン分泌不全性低身長
  • 汎下垂体機能低下症
  • 尿崩症
  • 甲状腺機能低下症
  • 甲状腺機能亢進症
  • カルシウム代謝異常症
  • 先天性副腎皮質過形成
  • 二次性徴の遅れ・早期発来
  • 糖尿病(1型および2型)
  • 骨代謝異常症

メンバー

名 前 役 職 専門医・指導医・学位
高谷 具純 助教 小児科専門医、内分泌代謝科専門医・指導医、医学博士
高谷 里依子 特任助教 小児科専門医、医学博士
久住 友紀 医員 小児科専門医