千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > 研究について > 研究グループ > 血液腫瘍グループ
血液腫瘍グループ

メンバー

研究室

名 前 役 職 専門医・指導医・学位
日野 もえ子 助教 小児科専門医、日本血液学会認定専門医、
小児血液・がん専門医、医学博士
力石 浩志 医員 小児科専門医、
日本小児科学会専門医・指導医、
日本血液学会専門医、医学博士
奥主 朋子 医員 小児科専門医
岡田 玲緒奈 医員 小児科専門医

関連病院

名 前 勤務先 専門医・指導医・学位
沖本 由里 千葉県こども病院 血液腫瘍科  
小森 功夫 松戸市立病院 医療技術局長 小児科学会専門医
太田 節雄 帝京ちば総合医療センター
小児科
小児科学会専門医、
血液学会認定医・指導医、
小児血液がん暫定指導医、
骨髄移植推進財団調整医師、
感染制御医(ICD)、
日本がん治療認定医機構暫定教育医
角田 治美 千葉県こども病院 血液腫瘍科 小児科学会専門医、
血液学会指導医/専門医、
小児血液・がん暫定指導医
落合 秀匡 千葉県こども病院 血液腫瘍科 小児科学会専門医、
血液学会専門医、
小児血液・がん専門医、
医学博士
諏訪部 信一 君津中央病院 小児科 小児科学会専門医、
血液学会専門医
安藤 久美子 千葉県こども病院 血液腫瘍科 小児科学会専門医、
血液学会専門医
山下 善晴 帝京ちば総合医療センター
小児科
 

研究

血液腫瘍グループでは、白血病などの小児悪性腫瘍や再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、先天性貧血などの血液疾患の診療と研究にあたっています。
難しい病気で、長い入院が必要な患者さまも多く、子どもたちや御家族の方とのコミュニケーションを大事に考え日々の診療にあたっています。

プロバイオティクス、バイオジェニクスによる発熱性好中球減少症の予防効果の検討

小児がんでは強力な多剤併用化学療法が行われ、ほとんどの場合重篤な合併症が出現する。中でも骨髄抑制からくる発熱性好中球減少症や敗血症は治療中のQOL を大きく損なうのみならず、時に致命的とさえなる。消化管には無数の腸内細菌が存在し、粘膜免疫と協調して生体の健康維持に関与していることがわかっている。乳酸菌などの善玉菌と言われる菌は、様々な疾患において有用性が報告されている。乳酸菌のこのような作用は1)微生物の腸内増殖によりもたらされる効果(プロバイオティクス)と、2)菌体成分が直接或いは腸内菌叢を介しての作用によりもたらされると考えられており、特に後者の効果をバイオジェニクスと呼ぶ。がん治療中に発生するFN や消化管合併症に対するプロバイオティクス、バイオジェニクスの効果について近年注目が集まっている。我々は小児がん治療中のプロバイオティクス、バイオジェニクスの効果について検討するため臨床試験を開始した。

小児がん治療における免疫療法の有用性の検討

近年の研究によりがん細胞が免疫担当細胞のチェックから逃避する仕組みの一部が解明され、この機序を利用した新たな薬剤による治療が注目されている。小児がんに対する報告も少数ながら報告されてきた。われわれは小児がんにおける、これら免疫逃避機構を解明するとともに、当院で行われているNKT細胞免疫療法の小児への応用を目指して基礎・臨床研究を行っている。

  • 1. 幅広い年齢構成における小児のNKT細胞の質的、量的解析
  • 2. 白血病リンパ腫細胞上のCD1dとPD-L1の発現と臨床経過との関連の解析
  • 3. NKT細胞とPD-1/PD-L1阻害薬の併用による抗白血病細胞免疫の相乗効果の解析

(主な業績)

Aoki T, Hino M, Koh K, Kyushiki M, Kishimoto H, Arakawa Y, Hanada R, Kawashima
H, Kurihara J, Shimojo N, Motohashi S. Low Frequency of Programmed Death Ligand 1
Expression in Pediatric Cancers. Pediatr Blood Cancer. 2016 May 2. doi:10.1002/pbc.26018. [Epub ahead of print] PubMed PMID: 27135656.