千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > トピックス > 河野陽一教授の最終講義が行われました。
トピックス

河野陽一教授の最終講義が行われました。

2013年2月28日(木)、千葉大学医学部附属病院 第一講堂で河野陽一教授の最終講義が行われました。聴講には、大学、附属病院などから多くの人が集まりました。
司会は小児科准教授の下条先生が務められ、講義に先立ち医学研究院長の中谷教授からのご挨拶がありました。
講義は「小児免疫・アレルギー疾患の基礎から臨床へ」をテーマに、アレルギー疾患の研究の歴史に本研究室の歴史を絡め、小児科学のこれからをお話になりました。
講義後には、附属病院長の宮崎教授の挨拶があり、続いて学生からの謝辞として医学部の高谷君が河野教授の思い出を述べました。
最後に関係部署の代表者からの花束贈呈をし、皆で記念撮影をしました。
河野教授、大変すばらしい最終講義をありがとうございました。


※画像をクリックすると拡大します。

«BACK

NEXT»