千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > トピックス > 学会報告:第33回日本川崎病学会・学術集会
トピックス

学会報告:第33回日本川崎病学会・学術集会

今回の日本川崎病学会は富山県・富山市で開催されました。
学会では川崎病の原因論、急性期および遠隔期の治療・管理、成人期の川崎病、ドロップアウトする患者さんを少なくする対策などに関して、活発な討論がなされました。川崎病を最初に報告された川崎富作先生は、例年通り今年の学会にもご参加され、我々の議論に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
富山は富山湾という魚床を抱え、豊富な海の幸に恵まれ、また、生活用水がモンドセレクションで最高金賞を受賞した北アルプスの雪解け水であり、学会の合間にはおいしいお水、お食事を堪能することができました。

(循環器グループ 江畑)

※循環器グループの研究についてはこちら


«BACK

NEXT»