千葉大学大学院医学研究院小児病態学(研究部門)と千葉大学医学部附属病院小児科(臨床部門)が一体となり医師の原点を忘れない診療・診察を心がけております

千葉大学医学部 小児病態学 Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Chiba University

文字サイズ
小
中
大
HOME > トピックス > 教授就任ごあいさつ
トピックス

教授就任ごあいさつ

2013年12月1日付けで千葉大学大学院医学研究院小児病態学教室を担当することになりました。
当教室は1917年に初代の湧島雅蔵教授によって開講され、まもなく100年になる大変伝統のある教室です。
当教室には現在7つの臨床グループがあり専門性の高い診療を行っていますが、同時にグループ間の緊密な連携の下に専門性のみに偏らず全人的な医療を行える医師の育成を目指しています。
今後、医局員がお互いに切瑳琢磨する精神風土をさらに強固にし、若くやる気のある医師に多くのチャンスを与えたいと考えています。千葉県、日本、そして世界でリーダーシップをもって小児医療を推進する医師を育成することが当教室の使命です。
若者よ、来れ、小児病態学教室へ。

千葉大学医学部小児病態学 教授
下条 直樹


«BACK

NEXT»